初心者が最短最速で利益を得るエントリーとは

こんにちは!アキラです。

今回の記事では初心者の方にオススメするエントリーまでの流れについて解説していきます。

特に最近バイナリーオプションを始めた方は正直な所、

『エントリーするにあたって、何をすれば良いのか分からない…』

『HighかLowかエントリーするだけじゃないの?』

『チャート分析がそもそも何からするのが正解なの?』

と、やる事が多すぎて混乱する事があると思います。

なので今回は事細かに、その日エントリーするにあたって何からすれば良いのか話していきますね。

①経済指標の確認
チャートを開いて『さぁエントリーだ!』となる前に、必ずその日の経済指標を確認しましょう。

はっきり言ってココが出来ていないエントリーは自殺行為です…

経済指標については下記の
『YJFX』,『ザイFX』がオススメです。
その日の指標の時間帯や重要度まで丁寧に記載されているので
是非活用してみて下さい。

・YJFX

https://www.yjfx.jp/gaikaex/mark/calendar/

・ザイFX

https://zai.diamond.jp/fx

②前日と当日の相場状況の確認
指標の確認後、チャートを開いたらまずは前日から当日の相場状況を確認しましょう。

上昇トレンド
下降トレンド
レンジ

3種類のどれに前日から当日はあてはまるのか?
レンジ→トレンドの流れなのか?
トレンド→レンジの流れなのか?
前日の高値、安値はどうなのか?

そう言った観点でまずは環境の分析をしてみましょう。

そして、それはエントリーする1分や5分のチャートだけではなく
1時間足などの長い足を意識して状況の把握をしてみましょう。

4時間足、日足などをみて長期的な流れを見るのもオススメですが、
バイナリーでは1時間足をよく見て頂ければ問題ありません。

・USD/JPY 1時間足

③ラインなどを引いてより詳細に分析をする
前日から当日の流れを把握できたのであれば、
高値、安値もしくはよく反発している意識されているポイントにラインを引いて
エントリーする算段をつけていきましょう。

順張りであれば
押し目、戻り目のポイントを絞る

逆張りであれば
反発するであろうラインを絞る

上記の観点で分析してみましょう。

例えば先ほどのUSD/JPYを見ると
上昇のトレンドが形成され、その後はレンジになっている事が分かりますね。

そして15分足にして分析すると、
下記の画像の様に意識されているラインが存在する事が見えてきました。

そして長いヒゲで意識されていると言う事も分かってきました。

この段階で見えてきたエントリーまでの流れとしては、
サポートラインでの反発を狙って逆張り
サポートラインをブレイクしたら順張り
レジスタンスラインでの反発を狙って逆張り
レジスタンスラインをブレイクしたら順張り

おおよそ上記の4つのエントリーが有効なのでは?
と言う事が分かってきましたね。

この時に非常に大切なのは
『相場に絶対は無いので、何パターンも想定する』と言う事です。

よく初心者の方は上昇していたら上昇での順張りしか考えず、
逆光した場合の想定ができずに、負けを増やしたりエントリーを逃したりしてしまいがちです。

例えば反発を狙っていたらブレイクしてしまい、
慌てて順張りで追ってエントリーしたら逆光して負けてしまった…

なんて事にも繋がってしまうのです。

ですが、相場に絶対は無くどの様なパターンも想定することにより
より分析の精度も高まり、確度の高いエントリーを行える様になります。

なので反発狙いなら反発だけでなく、
もしブレイクしたらどうするか?

と言うパターンも考えておく必要があります。

④エントリーポイントとエントリー方向を絞る
今回のUSD/JPYのチャートでは
5分足を見ると、15分足や1時間足ではレンジでしたが
短期的な下降トレンドが生まれている事が分かります。

ちょうどチャネルラインを引いた値幅でトレンドを形成している事が分かります。

チャネルラインも意識されているおいしいポイントで
サポートラインに反応して反発もしているので
逆張りのエントリーも有効であり、

更に下降トレンドがその後も続き、ブレイクで順張りも有効だった事が分かりますね。

このサポートラインに差し掛かる時やブレイクする前に
前もってラインに差し掛かって長いヒゲをつけたら逆張りしよう。
トレンドが続き、ブレイクしたら順張りしよう。

と、決めておくだけでしっかりとエントリーして利益を取れるポイントだったと言う事が分かりますね。

レンジブレイクについて
ブレイクしにくいチャート
ブレイクしやすいチャートの2種類があるので
見分け方については下記の動画を参考にしてください。
→https://youtu.be/w7yK0gHERz8

この様にチャートを開いたら即エントリーではするのではなくて

指標の確認

相場の環境認識

エントリーポイントやエントリーの方向を決める

チャンスが来たらエントリー

と言う流れをしっかりと意識していく事が非常に重要です。

それは何故なら目的はエントリーする事でなく
エントリーする事によって稼ぐ事が目的だからです。
その為にもしっかりとした相場分析が必要になってくると言う事になります。

また、今回の内容が身につけ事で
自信を持ったエントリーができるのでエントリーが怖いと思っていた方でも、
今後はしっかりとした精度が高いエントリーを行える様になりますので
今回の記事を是非ご活用下さい。

youtubeで解説している動画は下記になります。